一宮市の法律事務所。JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅から徒歩5分。離婚問題や遺産相続に関する個人の問題解決。

弁護士費用Price

費用について

当法律事務所へお越しいただいた際にかかる費用は、「法律相談料」または「弁護士費用」となります。
初回ご相談の際には「法律相談料」、ご相談いただきました上で当法律事務所へご依頼頂けることになりましたら、それにかかる「弁護士費用」を頂戴しております。

法律相談料

法律相談料は、60分のご相談で5,400円頂戴しております。
最初にお越しいただいた際にかかる費用はこの法律相談料のみです。
ご相談の内容はどんな些細な事でも構いません。お気軽にお問い合わせください。

初回相談料 一般 60分 5,400円
相続・借金・交通事故問題 60分 無料

弁護士費用

法律相談の結果、問題解決をご依頼いただくことになった場合の弁護士費用は、問題の内容によって異なります。
ご相談の際にお伺いした事情に基づき、それにかかる費用をお見積りさせていただき、各費用についてご説明させていただきます。
費用について疑問がある場合には、ご遠慮なくお聞きください。
弁護士費用の種類と問題ごとの基準となる料金は以下の通りです。

弁護士費用の種類

着手金 弁護士が事務処理にとりかかるためにいただく費用です。
裁判が続いている間の(1)書面作成業務(2)書面作成の為の準備業務(3)打ち合わせ費用を含みます。
報酬金 事件が終了した際に、目的の達成度合に応じていただく費用です。
算出方法としては、経済的利益に事務所で定めた%を乗じて報酬金額を定めさせていただきます。
実費 印紙・切手代金・裁判所及び現地調査に行く場合にかかる交通費、資料作成にかかるカラーコピー(1枚20円)代金です。
日当 期日に裁判所に出廷し弁護士が法廷活動するためにかける時間に応じていただく費用です。
ただしこれは訴訟になった場合にかかる費用であって、示談交渉の場合にはかかりません。
手数料 ご依頼いただいた問題処理が、1回程度の手続きで完了する場合の費用です。
例えば、契約書や遺言書の作成などがあります。
この場合は、上記着手金・報酬金はいただきません。

基準料金

以下に記載する料金は、あくまでも基準となる料金です。着手金・報酬金は事案の内容・難易度などに応じて協議の上決定し、お見積りの際に明確に提示するものとします。
また、各種書類の作成費用や調査費用につきましても、お見積りの際に提示させていただきます。
※着手金の最低額は10万8000円です。
※着手金・報酬金ともに、事件の内容により30%の範囲内で増減額することがあります。

個人法務の費用

一般的な民事事件

経済的
利益の額
300万円以下 300万円~
3000万円
3000万円~
3億円
3億円以上
着手金 《300万円以下》8.64% 《300万円~3000万円》5.4%
+
9万7200円
《3000万円~》3.24%
+
74万5200円
《3億円以上》2.16%
+
398万5200円
報酬金 《300万円以下》17.28% 《300万円~3000万円》10.8%
+
19万4400円
《3000万円~》6.48%
+
149万0400円
《3億円以上》4.32%
+
797万0400円

相続(遺産分割・遺留分減殺請求)

1 着手金

事件を開始する時点でお支払い頂く費用です。

依頼者が取得すべき遺産額 着手金(税込)
〜300万円未満 21.6万円
〜650万円未満 32.4万円
〜1,000万円未満 43.2万円
〜1,500万円未満 54万円
〜2,000万円未満 64.8万円
〜2,500万円未満 75.6万円
〜3,000万円未満 86.4万円
〜3,500万円未満 97.2万円
〜4,000万円未満 108万円
4,000万円〜 依頼者が取得すべき遺産額の3%

 

2 報酬金

事件が終了した時点で、結果にお応じてお支払いいただく費用です。

依頼者が取得した遺産額 報酬金(税込)
300万円までの部分 経済的利益の17.28%
300万円〜3,000万円までの部分 経済的利益の10.8%
3,000万円〜3億円までの部分 経済的利益の6.48%
3億円を超える部分 経済的利益の4.32%

※着手金については、10万円を受任時にお支払いいただき、残金を報酬金とともに遺産取得時に取得した遺産からお支払いいただくこともできます。

※事案により費用を調整することがあります。どんな案件であっても、受任前に着手金と報酬金の金額(または計算方法)を明示致しますので、提示された費用を含めて依頼をするか否かをご検討いただくようにしております。

離婚

事件等 分類 着手金 報酬金
離婚事件 調停・交渉事件 21.6~43.2万円 21.6~43.2万円
訴訟事件 32.4~54万円 32.4~54万円
財産分与・慰謝料等の請求は基本料金による

※算定不能の場合の経済的利益の額は800万円とする。

※手形・小切手事件の着手金は上記の半額とする。

 

交通事故

経済的
利益の額
300万円以下 300万円~
3000万円
3000万円~
3億円
3億円以上
着手金 10万8000円
報酬金 《300万円以下》17.28%
+
10万8000円
《300万円~3000万円》10.8%

35万6400円
《3000万円~3億円》6.48%

181万4400円
《3億円以上》4.32%
+
851万0400円
実費 実費は事件終了時に精算致しますが、着手時に1〜2万円程度、
訴訟提起時に印紙代+3万円程度をお預かりさせて頂きます。

※控訴審は別途定めます。

借金問題

個人再生 自己破産
自営業
自己破産
自営業でない
任意整理
着手金 《個人再生》37万8千円~ 《自己破産/自営業》43万2千円~ 《自己破産/自営業でない》32万4千円~ 《任意整理》債権者1社(名)に
つき2万1600円
報酬金 《任意整理》経済的利益の
10.8%

過払い金の
21.6%

※任意整理の報酬金は、事案に応じて増額・減額することがあります。
また、事件の整理について裁判上の手続きを要した場合は、別途相当の報酬金を頂戴いたします。

刑事事件

着手金 21万6000円(税込)より
報酬金 21万6000円(税込)より

成年後見

着手金 20万円
報酬金 契約締結業務 10万円 以後後見業務につき毎月3万円

子どもの相談

代理人活動 15万円

法人法務の費用

一般的な民事事件

経済的
利益の額
300万円以下 300万円~
3000万円
3000万円~
3億円
3億円以上
着手金 《300万円以下》8.64% 《300万円~3000万円》5.4%
+
9万7200円
《3000万円~3億円》3.24%
+
74万5200円
《3億円以上》2.16%
+
398万5200円
報酬金 《300万円以下》17.28% 《300万円~3000万円》10.8%
+
19万4400円
《3000万円~3億円》6.48%
+
149万0400円
《3億円以上》4.32%
+
797万0400円

※顧問契約をさせていただいております場合は、顧問料の額に応じて減額させていただきます。

顧問料

法人 月額 50,000円~(消費税別)
個人 月額 30,000円~(消費税別)

※法人の顧問料につきましては、会社規模、従業員数、業務内容により異なります。

事業承継

50万円~(消費税別)
相談のみ 月額 2万円~(消費税別)
ページトップへ