一宮市の法律事務所。JR尾張一宮駅・名鉄一宮駅から徒歩5分。離婚問題や遺産相続に関する個人の問題解決。

相続・遺言Inheritance


1. 相続人はだれがいるのかをまとめましょう!

戸籍を調査することから始まります。当事務所が担当しました案件では、予想外の相続人が存在していることがありました(例えば、死亡直前にお父様が外国籍の女性と婚姻していた場合や戸籍を調べたら自分が知らなかった兄弟が存在した場合等)。今いる人だけを鵜呑みにせず、相続人関係図を作成することが必要です。

2. 必ず相続税の有無・納付方法を考えましょう!

相続税制の改正により相続税が発生するケースが多くなりました。目安としましては相続遺産の合計額が3000万円+600万円×相続人の人数を超えるか否かとなります。相続税の申告納付期限は相続発生から10か月以内です。仮に協議が間に合わない場合は、仮申告を済ませておくことが無申告加算税及び延滞金支払いを回避できます。また遺産が不動産ばかりですと不動産を売却して税金納付に充てる現金を作ることも考えないといけません。当事務所も提携しております税理士事務所がございますので、税務の面もご相談ください。

3. 遺産の価値を知りどの遺産を引き継ぎたいのか検討しましょう!

預貯金取得を希望される方が大半です。しかし、不動産も誰かが取得しなくては、遺産分割の合意をすることはできません。仮に不動産を取得しない方でも当該不動産がどれだけの価値を有しているのか知っておくことが大切です。不動産の評価に関しましては当事務所が提携しております不動産会社における評価も可能です。遺産の評価を知ることで自分たちが希望する遺産取得の正当性をどのように主張していくのか検討することも出来ます。

4. 被相続人の面倒を見ている方は遺言書を作成してもらいましょう!

面倒を見ている方にとっては、被相続人の居住場所=自分の居住場所になっていることもあります。また、介護にあたり自分たちが負担した費用を考慮してもらいたいケースもございます。その場合介護による貢献を遺言書作成という形で示してもらう必要があります。また被相続人の方の移動が困難な場合は、出張相談もありますので、弁護士がご自宅でヒアリングをして被相続人のお気持ちからお伺いすることも出来ます。

どうして遺言によって財産をその人に渡すのか強い動機をもちましょう。

遺産をだれにわたすかということはその人の人生において重要な決め事になります。自分の面倒を見てくれたからか、お孫さんの教育費用にまわしてあげたい、お子さんの建築費用に充てたい、まずは出張相談にてお気持ちからお聞きします。

自分の財産についてノートに書きだしてみましょう。

ⅰどんな財産が、ⅱどれだけあるのか、をよく整理した上で、「いつ」「誰に」「どの財産を」引き継ぐのか、ⅲ自分はどのように老後時代を過ごしていくのか、不安点をノートに書きだしてみましょう。※平尾法律事務所の財産整理ノートをご活用下さい。

遺言をするのであれば公正証書という形で残しましょう。

当事務所では遺言書を作成する場合は、自筆遺言証書ではなく公正証書遺言をお勧めしています。公正証書遺言のメリットは次のとおりです。 ⅰ書き間違いがない ⅱご自宅でも作成できる(公証人が弁護士と共に出張することも可能です。) ⅲ作成した遺言書の保管も安心(公証役場で保管してもらえます。)

ページトップへ